nachuvely

美容 ♡ 海外旅行 ♡ 韓国

スンシル大学編入を選んだ理由と受験方法など

こんにちは。

最近テキトーなブログをだらだら書いていた私ですが、今回はまじめにスンシル大学に関する情報をまとめようと思います。韓国留学を検討されている誰かのお役に立てれば幸いです。

なぜ大学編入か?

まず、なぜ私が大学編入を選んだかというと、韓国での就職に有利になるからです。

韓国で就職を一度でも考えたことがある皆さんはご存知だと思いますが、韓国での就職はビザがすべてです(?)

私は韓国語能力試験6級を持っていて、韓国の会社の面接で合格したことも何度もありますが、結局ビザ問題で躓いてきました。働ける能力があっても、ビザ発行に適した条件や経歴がないと、韓国で就職することは本当に難しいんです。(詳しくいうと、大学の専攻、職歴とその仕事の関連性など結構細かいです)

ということで、結婚、大学院進学、などなどいろいろ考えてみたんですが、私の親友が大学編入っていう手もあるよ!って教えてくれたのがきっかけで、大学編入することに決めました。

正直結婚ビザが最強かつ最高なんですが、結婚はそんな簡単に決められないということで(笑)

日本の大学を出た方は、韓国の就職先と大学の専攻が一致していないとビザが下りないんですが、韓国の大学を出ていると、この専攻のしばりがなくなるそうです。(全部友達が教えてくれた笑)

本当はそろそろ結婚したいところではありますが、前回語学堂ft.男探しで、急いでもいいことないと学んだので、一旦自分の力で生きていく方法を選ぶことにしましたww

私は結婚しても仕事はずっとしたいし、韓国でバリバリ稼ぎたいと思っているので、すごくいい方法だなと思い、教えてもらってから即決しました!

編入で卒業しても韓国の大卒は韓国の大卒なので、その後はD-10ビザの申請ももちろんできるし、なにより2年(D10含めて3年)ビザがあるって安心ですよね(笑)

まあ私の目標は卒業と同時にゴールインって感じで


スンシルを選んだ理由

単純に語学堂でスンシルに通ったし、조교をやって国際チームの方とコネができたりして、いろいろ教えてもらえたからです(笑)海外の大学にエージェント通さず出願って結構わからないこと多くて不安だと思うんですが、私は語学堂チームで一緒に働いていたスタッフの方(私より年下w)が、たまたま学部チームに異動になったりもして、細かいこといろいろ教えてもらえましたw

それに加え、どうやらスンシルは奨学金がたくさん出る学校としても有名のようで、私の場合、韓国語能力試験6級の証明書+語学堂の修了証で1学期目の学費(登録金)+入学金が免除になりました。

また、学期中の頑張り次第では、学費をまったく払わずに卒業することも可能です(笑)

ほとんどの学科が1学期(半年)370万ウォンくらいなので、頑張って50%でも免除になれば、語学堂に通うよりも安いことになりますし、大学生は夏休みも長いので、多分語学堂生より自由時間も多いのではないかと思います。知らんけど。

また、大学院も同時に考えていたのですが、大学院に入ると、教授によっては奴隷のように働かされるし、論文を書かないといけないと聞いて、ビビッていたので、編入という選択肢を知れて本当に良かったです。これもすべて親友のおかげです。カムサm(__)m

ちなみに私は英文学科に合格しました。

日本の大学でも英文学科を卒業しました。噂によるとスンシルの英文学科の卒業条件はTOEIC900点以上取る必要があるとのことなので、もう10年くらい受けてないTOEICをまた受けることになるのか。。。と今からやる気をなくしています(笑)

受験方法

外国人は必要書類の提出だけで、出願完了です。ちゃんとそろえて不備なく提出すれば、あまり落ちる心配はいらなさそうです(笑)

4大卒の私の提出書類は、

・自己紹介書(指定様式あり)
・最終学歴証明書(要アポスティーユ)
・大学での成績証明書
・戸籍謄本(公証)
・パスポートコピー
・両親のパスポートコピー
・TOPIK成績証明書
・残高証明書
・学力照会同意書

こんな感じです。用意したものをEMSで入学庁(입학처)に送りました。届いたかどうかの確認も必要と書いていたので、お世話になった先生に直接聞きました(笑)

当然ではありますが、すべて英文で用意する必要があります。(語学堂入学では和文でも大目に見てくれることもありますが、学部入学は絶対英文で用意する必要があります)

また、最終学歴証明書や戸籍謄本の英訳には公証をつける必要があるので注意です。

自己紹介書は、結構長く書く必要があるので、早めに用意しておいて、韓国人に添削などしてもらった方がいいですね。

期限内に必要書類を提出し、オンラインで出願もすれば、後は合格発表の日を待つだけです!気楽に待ってました(笑)

詳しい受験スケジュールなどは、スンシルの公式サイトに詳しい情報がPDFにまとまっているので、そちらをご参照頂ければと思います。

iphak.ssu.ac.kr

また、スンシルはあまりちゃんとした情報がないし、あってもギリギリで告知されることが多いので、わからないことはどんどんメールや電話で聞いた方がいいです。

入学準備

今後は渡韓準備、入学準備等について書いて行こうと思います。

これからワーホリ、留学、結婚、などなど人生の新たなスタートを切る皆さんのための過去記事です。ご参照ください。

www.koreasarang0912.com
www.koreasarang0912.com
www.koreasarang0912.com
www.koreasarang0912.com
www.koreasarang0912.com

ではまた